ACTIVITIESチーム活動

チーム活動

日本リーグ プレーオフ2nd・Final「~たくさんのファンの想いを乗せONE TEAMで戦うも、惜しくも準優勝!~」

 

◆日本リーグ2ndステージ

3月13日(土)16:30スローオフvs大崎電気@東京都・代々木競技場

トヨタ車体ブレイヴキングス 33(14-13, 12-13 ,2-1,1-2, 4 7mTC 2)31 大崎電気

10点吉野, 6点杉岡・渡部, 3点高智, 2点木切倉・津屋・岡元, 1点笠原・藤本

準決勝から登場したブレイヴキングス。立ち上がりはリードを許しますが、高智選手や吉野選手の活躍で得点を重ね前半を1点リードで折り返します。後半に入っても一進一退の緊張感のある接戦が続きますが、GK岡本選手の好セーブ連発から後半残り15秒で渡部選手の得点で同点に持込み延長戦へ。5分ハーフの延長戦もドローとなり、両チーム5人ずつで決着をつける7mスローコンテストでGK岡本選手の好セーブの末、最後は藤本選が技ありシュートを決めて激闘を制しました。

◆日本リーグ Final

3月14日(日)15:30スローオフvs豊田合成
@東京都・代々木競技場

トヨタ車体ブレイヴキングス 24(15-13, 9-15)28 豊田合成

6点吉野, 5点杉岡, 4点渡部, 3点津屋, 2点高智・内海, 1点笠原・木切倉

立ち上がりから調子を上げている渡部選手がミドルシュートやカットインなどで4連続得点を決めますが、ディフェンスとの接触で負傷してしまいます。しかしその後に入った内海選手のサイドシュートや津屋選手のミドルシュートなどで得点を重ね、相手の両外国人エースからのシュートもディフェンス陣とGK加藤選手の頑張りで最小限の失点に抑え前半を2点リードで折り返します。
後半に入って相手のディフェンスシステムがかわり、そこに対応するのに時間がかかり逆転を許される展開。杉岡選や吉野選手のシュートなどで得点を重ね、チーム一丸となって死力を尽くしましたが、日本リーグを制すことが出来ませんでした。

◀門山監督▶

1年間のご声援やサポートありがとうございました。準優勝という事で目標を達成できませんでしたが、ファンの皆様に熱い思いを伝えようとして選手たちが頑張ってやってきた事は間違っていなかったと思っています。プレーオフに向けてのたくさんの応援メッセージは非常に力になりました。次こそは優勝出来るように頑張りますので今後ともご声援よろしくお願いします。

◆プレーオフ表彰◆
殊勲選手賞
吉野樹

【最終順位】

優勝 豊田合成
準優勝 トヨタ車体
3位 大崎電気
4位 大同特殊鋼

 

 準決勝で7mスローコンテストを制したブレイヴキングス!喜びを爆発させた!

 

 準優勝で表彰を受ける選手・スタッフ

殊勲選手賞は吉野選手が受賞!

 

2021/03/16