ACTIVITIESチーム活動

チーム活動

日本代表「第二回強化合宿」選出

表記の件、

笠原謙哉、渡部仁、杉岡尚樹、吉野樹、北詰明未、山田信也 の6名が日本代表「第二回強化合宿」のメンバーに選出されましたので、お知らせいたします。


今合宿は、2021年1月からエジプトで開催される世界選手権にむけた選考合宿となっています。

 

選出された6名

2020/12/14

日本リーグ第15戦「~年内最終戦を快勝で終える!~」

 

◆日本リーグ第15戦

12月12日(土)16:00スローオフvsトヨタ自動車東日本

@岩手県・花巻市総合体育館

トヨタ車体ブレイヴキングス 29(11-8,18-11)19トヨタ自動車東日本

6点杉岡・吉野, 4点山田,
3点藤本・伊舎堂・渡部,2点北詰,1点津屋・岡元

トヨタ車体のスローオフで始まったこの試合は、開始早々、伊舎堂選手のシュートを皮切りに、山田選手の力強いポストシュートや藤本選手のサイドシュートで得点を重ねます。

その後は、退場者やミスが重なるものの、GK加藤選手が再三のセーブでチームを救い、11-8の3点差で前半を折り返します。

後半に入ると、岡元選手のポストシュートや渡部選手のサイドシュートで連続得点をする時間帯が増え、さらに、菅野選手の激しいDFとGK加藤選手のスーパーセーブで点差を離しました。年内最後のリーグ戦を10点差をつけて勝利することができ、来年に弾みをつけました。

 

●選手コメント●

菅野選手

日本選手権では準決勝で敗れてしまい、悔しい結果になりましたが、

気持ちを切り替えた東日本戦ではトヨタ車体らしい戦いができたと思います。

3月のプレーオフで勝つために、BRAVE KINGSは成長し続けます。

応援よろしくお願いします!

 

 

●次戦告知●

◆日本リーグ第16戦

2021年2月6日(土)15:00スローオフvs湧永製薬

@広島県・マエダハウジング東区スポーツセンター

 

 

 

 

2020/12/13

日本選手権「~準決勝で惜しくも敗れ、3位~」

 

◆日本選手権 2回戦

12月3日(木)12:30スローオフvsFOG

@ジップアリーナ岡山

トヨタ車体ブレイヴキングス 39(21-9, 18-12)21 FOG

7点杉岡, 5点高智・藤本・伊舎堂, 4点岡元,
3点渡部・北詰, 2点笠原・内海・山田, 1点吉野

前半から大きくリードし、後半も手を緩めることなく力の差を見せつけ勝利した。

◆日本選手権 準々決勝

12月4日(金)12:30スローオフvs湧永製薬

@ジップアリーナ岡山

トヨタ車体ブレイヴキングス 29(11-11, 18-11) 22湧永製薬

9点吉野, 5点杉岡, 4点岡元, 3点渡部・山田,
2点藤本・木切倉, 1点玉城

立上りからリズムに乗れず4点差までリードされますが、GK加藤選手の好守から、杉岡選手の速攻や岡元選手のシュートなどで前半を同点で折り返します。後半に入って相手
のミスを確実に得点につなげて点差を広げ、その後も山田選手、岡元選手のポストプレーや藤本選手へのダブルスカイプレーなどでそのまま勝利しました。

 

◆日本選手権 準決勝

12月4日(金)13:00スローオフvs大崎電気

@ジップアリーナ岡山

トヨタ車体ブレイヴキングス 30(14-17, 16-17) 34大崎電気

8点杉岡, 7点渡部, 4点吉野, 3点岡元,
2点藤本・木切倉・津屋, 1点玉城・北詰

杉岡選手が7Mスローを確実に決めて先制しましたが、その後は相手GKの好守に得点が伸びず、前半を3点ビハインドで折り返します。後半に入って津屋選手のカットインシュートなどで1点差まで詰め寄る場面もありましたが、攻守でミスが続き最後は4点差で敗れました。

 

 

 

 

 

2020/12/07

日本リーグ第13・14戦「~3敗目を喫するも残り6試合全勝でプレーオフ出場を目指す!~」

 

◆日本リーグ第13戦

11月28日(土)13:00スローオフvsジークスター東京

@宮崎県・小林市市民体育館

トヨタ車体ブレイヴキングス 24(15-17, 9-10)27 ジークスター東京

6点 渡部, 5点 杉岡・北詰, 4点 吉野,2点 藤本 1点 津屋・岡元

前半立ち上がりに杉岡選手のサイドシュートや岡元選手の速攻などでリードしますが、その後の攻撃がかみ合わず一進一退の攻防を繰り広げ前半を2点のビハインドで折り返します。

後半に入って木切倉選手を中心とした素早いボール回しから北詰選手のミドルシュートなどで得点を重ね、GK岡本も好守を見せ逆転しますが、しだいに相手GKの好守でなかなか得点が奪えなくなり、その間に相手の速攻やミドルシュートなどで逆転を許し3点差で惜敗となりました。

◆日本リーグ第14戦

11月29日(日)13:30スローオフvs琉球コラソン

@福岡県・久留米総合スポーツセンター

トヨタ車体ブレイヴキングス 33(13-16, 20-10) 26琉球コラソン

7点 吉野, 5点 杉岡・渡部・山田, 3点 内海,

2点 木切倉・岡元・伊舎堂 1点 藤本・北詰

琉球コラソンのスキを突いた攻撃に手を焼いているなか、前日の敗戦を引きずっているのかサイドシュートを相手GKに阻まれ得点が伸びませんでしたが、山田選手がポストシュートなどを確実に決め、また途中出場の内海選手が流れを変えるサイドシュートや速攻を決めるなど2点差まで追いつきました。

後半立ち上がりに木切倉選手のスピードを生かしたカットインで得点して波に乗ると、菅野選手をはじめとする運動量の多いディフェンスから、杉岡選手(経理部)の速攻などで逆転し、最後は7点差で勝利しました。

 

●次戦告知●

◆日本選手権 2回戦

12月3日(木)12:30スローオフvs対戦相手未定

@ジップアリーナ岡山

 

 

 

 

 

2020/11/30

日本リーグ第11・12戦「~力の差をみせ、2連勝!~」

 

◆日本リーグ第11戦

11月21日(土)13:00スローオフvs北陸電力

@愛知県・春日井市総合体育館

トヨタ車体ブレイヴキングス 33(19-13, 14-12)25 北陸電力

8点杉岡、4点高智・津屋・吉野・山田、3点玉城、2点岡元、
1点川﨑・藤本・渡部・北詰

立上りから藤本選手や玉城選手の速攻や山田選手のポストシュートで得点を重ね更にGK加藤選手の好セーブ連発もあり、リズムに乗って少しずつ点差を広げ前半を6点リード
で折り返しました。後半に入っても杉岡選手のサイドシュートや吉野選手のミドルシュートなどで得点を重ね最後は8点差で勝利しました。
この試合で津屋選手が日本リーグ通算400得点を達成しました。

◆日本リーグ第12戦

11月23日(月・祝)13:00スローオフvsゴールデンウルヴス福岡

@愛知県・春日井市総合体育館

トヨタ車体ブレイヴキングス 41(22-8, 19-10)18 ゴールデンウルヴス福岡

10点杉岡、5点藤本、4点渡部、3点笠原・津屋・富永・伊舎堂・北詰、
2点川﨑・吉野、1点高智・玉城・山田

 大分県出身の渡部選手が恩師や出身校の生徒など地元の声援を受ける中、トヨタ車体の1点目を決めると相手のミスを速攻につなげるなどで点差を広げ、GK岡本の好守も光り前半を14点リードで折り返しました。
後半に入っても攻撃の手を緩めず、途中出場のGK平尾選手(内定選手・初出場)も落ち着いたキーピングで相手のシュートをセーブし23点差で勝利しました。両試合で大活躍したGKは、シュート阻止率ランキングで加藤選手は2位、岡本選手が3位と共に守備の中心となってシーズンを通して活躍しています。
なお、藤本選手はこの試合で日本リーグ通算600得点達成しました。

 

●次戦告知●

◆日本リーグ第13戦

11月28日(土)13:00スローオフvsジークスター東京

@宮崎県・小林市市民体育館

◆日本リーグ第13戦

11月29日(日)13:30スローオフvs琉球コラソン

@福岡県・久留米総合スポーツセンター

 

 

 

通算400得点を達成した津屋選手

 

玉城選手

 

2020/11/24

日本リーグ第10戦「~優勝を目指すチームにとって痛い敗戦~」

 

◆日本リーグ第10戦

11月14日(土)13:00スローオフvs大崎電気
@愛知県・スカイホール豊田

トヨタ車体ブレイヴキングス 31(20-17, 11-17)34 大崎電気

6点杉岡, 5点渡部・吉野,
4点藤本, 2点伊舎堂・北詰,1点笠原・川崎・津屋・山田

 トヨタ車体のスローオフで始まったこの試合は、開始早々、渡部選手がカットインシュートを決め、続いて吉野選手、北詰選手の連続得点、GK 岡本選手の好セーブからの速攻で得点を重ねます。前半終盤、両チームともに退場者を出しますが、トヨタ車体が確実に得点を重ね、3点リードで前半を折り返します。
後半は出だしからミスが続き、相手に流れを持っていかれ逆転を許します。
なんとか流れを変えたいトヨタ車体は後半20分からディフェンスシステムを
変化させ、相手のミスを誘い藤本選手の速攻から得点を重ねるなど、最後まで食らいつきましたが、惜しくも勝利を逃しました。
なお、藤本選手はこの試合で日本リーグ通算600得点達成しました。

 

●選手コメント●

藤本選手

今シーズン初の観客入りホームゲームに、たくさんの方に応援に来ていただ
き、本当にありがとうございます。今週の大崎電気戦は自分
たちの力を出し切ることができず敗れてしまい1巡目は4位となって
しまいました。1つでも上の順位でプレーオフに進出できるよう頑張り
ますので引き続き応援のよろしくお願いします。

 

 

●次戦告知●

◆日本リーグ第11戦

11月21日(土)13:00スローオフvs北陸電力

@愛知県・春日井市総合体育館

 

 

 

通算600得点を達成した藤本選手

吉野選手

 

2020/11/16

平尾克己選手、来季新加入内定のお知らせ

標記の件、筑波大学所属の平尾克己選手(21)の、2021年度新加入が内定いたしました。
平尾選手は内定選手として今シーズン途中から出場予定です。

◆氏名
平尾 克己(ひらお かつき)

◆生年月日
1999年2月10日生まれ

◆身長 / 体重
190cm / 90kg

◆出身地
滋賀県

◆ポジション
GK

◆ハンドボール歴
八幡中学校 → 近江兄弟社高校 → 筑波大学
2019 U21日本代表

◆プレーの特徴
長い手足を活かしたキーピング

◆コメント
トヨタ車体ブレイヴキングスでプレーできることを大変うれしく思います。
楽しむことを忘れずにプレーし、チームの勝利に貢献できるよう努力します。

応援よろしくお願いします!

平尾選手も加わり、さらなるチーム強化を図って参ります。
今後ともトヨタ車体ブレイヴキングスへのご声援をよろしくお願いいたします。

平尾克己選手

2020/11/05

日本リーグ第9戦「~無敗同士の頂上決戦、惜敗!~」

 

◆日本リーグ第9戦

10月24日(土)13:00スローオフvs豊田合成
@愛知県・刈谷市体育館

トヨタ車体ブレイヴキングス 25(11-13, 14-14)27 豊田合成

5点岡元, 4点杉岡・渡部・北詰,
2点藤本・吉野, 1点笠原・高智・内海・伊舎堂

 現在1位と2位の首位対決、渡部選手や藤本選手の速攻など連続得点でリードします。その後も岡元選手のポストシュートや、伊舎堂選手のカットインシュートで得点を重ねるものの、2点ビハインドで前半を折り返します。
後半立ち上がりから、この試合大活躍のGK加藤選手の安定したセービングから、速攻で得点を重ねたいトヨタ車体ですが、相手の好セーブに阻まれなかなか得点が入りません。しかし、相手が2人退場している間に逆転に成功します。そこから、この試合を絶対に落としたくない両チームは一進一退の攻防を繰り広げ、試合終了ギリギリまで点差を縮めますが、最後は追いつくことができず惜敗となりました。

 

●選手コメント●

笠原選手

良いプレーが沢山出たのですが結果として、トヨタ車体のリズムに乗り切れな
かったと思います。DFの強化やチームの一体感など良い方向に確実に向かって
いるので次回の合成戦は必ずトヨタ車体の日にします。
応援していただきありがとうございました。

 

 

●次戦告知●

◆日本リーグ第10戦

11月14日(土)15:15スローオフvs大崎電気

@愛知県・スカイホール豊田

 

 

 

北詰選手

岡元選手

 

2020/10/28

日本リーグ第8戦「~終始リードし、圧勝!~」

 

◆日本リーグ第8戦

10月17日(土)13:00スローオフvs北陸電力
@福井県・北陸電力福井体育館フレア

トヨタ車体ブレイヴキングス 45(22-11, 23-14)25 北陸電力

8点吉野・藤本, 5点内海・岡元, 4点津屋・玉城,

3点高智・渡部, 2点冨永・伊舎堂1点北詰

 福井県で行われた試合はトヨタ車体のスローオフで試合が始まりました。序盤は堅さがあったように見えましたが、守りから徐々にリズムをつくり、津屋選手のミドルシュートや、伊舎堂選手のカットインシュートでどんどん点差を広げ、11点リードで前半を折り返します。
後半もさらに集中したディフェンスを見せたトヨタ車体は、GK加藤選手、GK岡本選手のセービングから玉城選手や藤本選手らが着実に得点を重ねていき終始試合の流れを握ったまま20点差をつけて圧勝しました。

 

●選手コメント●

冨永選手

今試合は、いかに練習してきたことを出せるかということに加え、

チームの基盤となる「守り」の質をどこまで高められるか、

という自分たちとの勝負でもありました。

良いところも改善するところもありますが、今週の豊田合成戦に向け、

さらに磨いていきたいと思います!今週も応援ありがとうございました

 

 

●次戦告知●

◆日本リーグ第9戦

10月24日(土)13:00スローオフvs豊田合成

愛知県・刈谷市体育館

 

 

 

伊舎堂選手

冨永選手

 

2020/10/19

日本リーグ第7戦「~無敗対決、逆転勝利で制す!~」

 

◆日本リーグ第7戦

10月10日(土)13:00スローオフ vs 大同特殊鋼
@愛知県・枇杷島スポーツセンター

トヨタ車体ブレイヴキングス 38(14-18 , 24-16)34 大同特殊鋼

9点吉野, 5点杉岡・渡部・北詰,
3点藤本・木切倉・岡元・山田, 2点津屋

 愛知で今シーズン初の観客を入れての試合となったトヨタ車体は、大事な立ち上がり、吉野選手の2連取で試合が始まり、良い流れで試合を進められると思われましたが、相手の連続得点により主導権を握られます。10分を過ぎ、10‐4リードを許し、追いかける立場となったトヨタ車体は、メンバーの入れ替え、ディフェンスシステムを変更しながら徐々に反撃をします。岡元選手、北詰選手による得点で、26分には13‐14と1点差にまで迫りますが相手に3連取され、前半を18‐14で折り返します。
4点ビハインドで迎えた後半、杉岡選手がパスカットから得点を重ねると、ディフェンスも安定、じわりじわりと試合の流れを自分たちのものにしていきます。そして後半11分にはついに25‐25の同点に追いつきました。その後は、取っては取られの一進一退の攻防
が続きますが、後半ラスト10分を切り、32‐31大同リードの状況から、渡部選手が3連続で豪快なシュートを決めると、さらに吉野選手の2連取で5連続得点、32‐36と大同を一気に引き離すことに成功します。その後もリードを守り、大事な時間帯で流れをつかんだトヨタ車体が逆転勝利で無敗対決を制しました。

 

●選手コメント●

渡辺仁選手

リモートマッチが続く中、たくさんの観客の前で試合できる幸せな60分間でした。
課題もありましたが、終盤に流れを引き寄せるプレーで勝利に貢献できたと思います。
今後も熱い監督を筆頭に、熱い試合で負けなし街道を突っ走っていきます。
渡部仁通算600得点まであと40点!

 

 

●次戦告知●

◆日本リーグ第8戦

10月17日(土)13:00スローオフvs北陸電力

福井県・北陸電力福井体育館フレア

 

 

 

木切倉選手

渡部選手

 

2020/10/13