BACKYARD BRAVEKINGS

BACKYARD BRAVEKINGS

【BACKYARD BRAVEKINGS#5】ホームゲームの舞台裏 運営スタッフインタビュー

いつもトヨタ車体ブレイヴキングスへご声援いただきありがとうございます。
トヨタ車体ブレイヴキングスのメンバーがとる行動や想いの背景、裏側、バッググラウンドを、ファンの皆さんに深く知っていただけるよう、インタビューやコラムで掘り下げてご紹介していきます。

 

「勝てる会場」から「お客さまに楽しんでいただけるホームゲーム」へ。満員のアリーナを目指した運営スタッフの2年間の挑戦

 

ここ2年にかけて、ブレイヴキングスのホームゲームが劇的に進化している。2月のウィングアリーナ刈谷での試合はハンドボールでは驚くべき1,800人を集客。華やかな演出で観客を驚かせた。今回は縁の下の力持ちとなってホームゲームを作り上げている、トヨタ車体人事室のメンバーである伊藤さん、川合さん、上田さん、鈴木さんに、その舞台裏を聞かせてもらった。

 

―今シーズン、何度かホームゲームを拝見しました。訪れる度に演出が進化し、それにともなって観客の数も右肩上がりに増えているのが印象的です。そこで今回はホームゲームの運営スタッフの皆さんにホームゲームの裏側についてお話を聞いてみたいと考えました。ホームゲームの改良プロジェクトはいつから始まったのでしょうか。

プロジェクトが始まる前は純粋に競技を見せる場所だった

 

伊藤:僕が初めて見た試合会場は、選手の所属職場の応援旗が掲出されているだけで、ほとんど何もない状態でした。「ハンドボールはマイナースポーツだし、こんなものなんだな」と思っていました。しかし選手と話をする中で、「バスケットのように満員のお客さまの前で試合したい」という強い想いを持っていることを知りました。

うちのチームは強いのですが、日本リーグでは2018/19シーズンに優勝したものの、昨シーズンまではずっとシルバーコレクターで、優勝にあと一歩届かない状況でした。だからどうすれば優勝させられるのか考えていました。

しかしながら、優勝するためにはチームを強化するだけでは不十分です。ファンの皆さまの声援がなければ、選手が100%の力を発揮することができません。アリーナを満員にすることが、結果として選手を強くし、勝つことによってファンの皆さまに喜んでいただける。「勝てるホームゲームを創って優勝したい」というのがプロジェクトの起点でした。

 

―そこからどのように進められたのでしょうか。

 

伊藤さん:お金をかければ、派手な設えはできるかもしれません。でも、それだけでアリーナを満員にすることは難しいだろうと考えていました。まずは、従業員、地域、ファン、子どもたちに愛されるチームになること、ブレイヴキングスの価値を高めることが先決であり、そのためには我々運営側、選手、チームスタッフの三者が協力し合うことが必須でした。最初に着手したのは、選手のマインドを変えることです。選手への説明会を開き、「プレーの向上を目指すだけではなく、ファンサービスをしっかりして、選手一人一人が愛されるチームになろう」と説明しました。あわせてチームスタッフにも協力してもらえるように話をしました。その説明会でも話したのですが、理想は阪神タイガース。勝っても負けても常に満員になる、愛されるチームです。

 

―以前は、ファンサービスは全くされていなかったのですか?

 

鈴木:リーグからの要望で選手サイン会をすることがあったのですが、それもコロナ禍以降はやらなくなってしまいました。

 

伊藤:本当にゼロからのスタートでした。選手の写真が入ったクリアファイルとハリセンを作って、従業員受付の横で販売するところから始めました。

 

鈴木:それだけでも、私たちにとっては大ニュースでしたね。でもほとんど買ってもらえませんでした。

 

伊藤:僕と鈴木さんは広報の出身なので、PRやイベントに関するノウハウは持っています。しかしファンの方が何を求めているのかというデータは全くない。なんらかの策を考えたとしても、それが本当にファンの方が求めているものなのかが分からず、悩みました。

 

―それでどうされたのですか?

 

伊藤:まずはスポーツマーケティングの本を読んだり、アリーナスポーツを軒並み観にいったりして、ひたすら勉強しました。ホームゲームでどのようなイベントをしていて、何がお客さんに刺さっているのか。お客様を気持ちよく迎えるためにどのような考えで設営がされているのか、それこそどんな素材が使われているかまで。壁を叩いて木工なのか鉄骨なのか確かめたり試合を全然観ないで裏方のスタッフの動きばかりを見たりしているので、非常に怪しい客だったと思います。

 

それまでも少しずつ策をトライしていたのですが、去年の始めにホームゲームの来場者を500人から5,000人にするための取り組みをまとめた「5,000人プラン」を作りました。5,000人は大袈裟ですが、約2,500人入るウィングアリーナ刈谷を埋めたいというのが本音の目標でした。トヨタ車体はエンタメの会社ではありませんし、ハンドボールの運営スタッフは僕も入れて4~5人なので、川合、鈴木、上田は本当に大変だったと思います。

 

上田:お客さまに対しては22-23シーズンからはほぼ毎試合来場者アンケートを取り、何を求めてホームゲームにきてくださっているのか、トライしてみたことが受け入れられているのか、どこを改善してほしいと期待しているのかを、リサーチしています。

 

カラーを統一しブランディング創りを進めているホームゲーム

 

 

「かっこいい」と「やさしい」でファンの心を掴む

 

―お客さまに喜んでもらうための具体的な取り組みを教えてください。

 

川合:アンケートの結果、予想以上に女性のお客さまが多いことに驚きました。そこで、ポスターや映像など選手のかっこよさを全面に出した、女心をくすぐるPRを展開していきました。チームカラーでもある赤と黒をブランドカラーにして、会場の装飾やグッズもおしゃれでかっこいいものに統一しました。

「かっこいい」をテーマにブランディングを進める中で、選手の私服の写真を撮ってみたら、思いの外かっこよいものになったというような、私たちの中での発見もありました。ややミーハー目線ではあるのですが、「推し」選手をたくさん作ってもらえたら、選手も嬉しいでしょうし、私も楽しいので、誰かのファンになってもらいたいと思いながら進めてきました。

 

伊藤:推し選手をもっと応援してもらうためグッズも選手のネーム入りタオルなど「個」のものを増やしました。今シーズンは選手一人一人のリール動画も作ってSNSで流しているのですが、ファンの方にもとても喜んでいただけています。

 

上田:アンケートでも選手のファンサービスがとてもやさしいという声を多くいただきます。

 

距離感の近さが好評。ファンの反応が伝わってくるのは選手にとってもうれしい

 

伊藤:うちの選手は本当にファンサービスに協力的で、練習や試合後で疲れていても嫌な顔ひとつしません。サイン会などのイベントでは、お客さまが揃ってから選手が迎えられるというのが普通だと思うのですが、うちの選手はお客さまより前に来て準備しているときもあるくらい、ファンサービスを大事にしてくれています。

 

川合:以前、試合後のサイン会に選手がすごく遅れて、伊藤さんがスタッフに激怒したからですよ。

 

伊藤:せっかく苦労して集客しているのに、イベントでお客さまをお待たせして、そこに不満を感じてしまったら二度と来てもらえません。お客さまに気持ちよく帰っていただくためには、一つ一つのことを大切にしなければならないと分かってもらいたかったので厳しく言いました。今はその考えが全員に浸透していると思います。

 

上田:次もまた来たいと思っていただきたいので、アンケートでの厳しい声は可能な限り次の試合までに対応するようにしています。例えば、「会場の案内が分かりにくい」「会場の音量が大きい、小さい」など、毎試合改善を繰り返してきました。

アンケートを重ねながらこうしたファンサービスを創り上げてきた

 

―トライして改善する、を繰り返した結果、2月18日にウィングアリーナ刈谷で開催された大同特殊鋼戦は、約1,800名の観客が入り、立ち見も出るほど盛り上がりました。

 

伊藤:試合後の選手がサインボールを投げ込んでいるときに、スタンドのたくさんのお客さまが推し選手のネームタオルを振っている光景を見て、川合さんと「目指していた光景になってきたね」と話をしました。選手、チームスタッフ、運営スタッフ全員が頑張ってきた結果であり、「ようやくここまできたか」と感動しました。

 

川合:満員のアリーナが目標と言ってはみたものの、もっと先だと思っていたので、本当にうれしかったですね。

VIP席も、企画した当初は売れなかったらどうしようという悩みがありました。それが今回は発売3分で完売。買えなかったお客さまがSNSなどで残念がっているという、私たちが想定していなかった新たな悩みが生まれています。

 

コート間近で迫力が魅力のVIP席はリピーターも多い

 

―VIPシートはいつから始めたのですか?

 

伊藤:昨シーズン、試合前のコートサイドでウォーミングアップの様子を見られる「激感エリア」を試しに作りました。それが思いのほか好評で、間近で選手を見たいというニーズがあることが分かりました。そこで、コートサイドの席を40席販売することにしたのですが、正直お金を払ってまで見てもらえるかには自信がなかったです。

 

上田:シーズンの前半戦は1席、2席売れ残っていました。今ではVIPエリアが即完売するだけではなく、定価で一般席チケットを買ってくださる方が2倍になりました。

 

メンバーのアイデアで実現した高揚感を高めるゲート

 

―ウィングアリーナ刈谷での試合は、入り口までアプローチにカッコいいゲートとレッドカーペットで非日常へ誘ってくれるような演出がされていて、感動しました。

 

鈴木:いつもと違う非日常感の景色にしてお客様をびっくりさせたいとゲートを作ったのですが、皆さんが非常に喜んでくださいました。手間がかかるらしく職人さん泣かせでしたがチャレンジしてよかったと思っています。

 

―選手入場時の映像や花火の演出には多くのお客さまから「すごい!」という歓声が上がっていましたし、選手も驚いていました。

 

伊藤:選手には事前に伝えていなかったので、驚いていたようです。

 

緻密なタイムコントロールが必要で伊藤を悩ませた演出は無事成功

 

上田:あの日のアンケートは、選手入場の映像がすごくよかったとか演出についての良い意見ばかりでした。選手からも「最高だった」「気持ちよかった」「やる気が出た」と言われましたね。ホームゲームの前日はいつも、「お客さまが来てくださるだろうか」「準備が足りずお客さまからお叱りを受けないか」と不安で眠れないのですが、2,000人の光景を見て今までの苦労が吹っ飛びました。実はもう一つ、個人的なことですが、あの試合でとても嬉しいことがありました。刈谷大会の前に入籍をしたのですが、リハーサルの時にビジョンにサプライズでお祝い映像が流れ、人事室の運営スタッフの仲間や門山哲也チームディレクターがプレゼントをしてくださいました。試合の準備で忙しい中で、このような機会を作ってくださったことに感謝していますし、それを見ていた大同特殊鋼の選手から「選手と運営スタッフの距離が近くていいね」と言っていただいたことも嬉しかったです。

 

 

ホームゲームのファンサービスでもNo.1を目指す

 

伊藤:でもまだまだ道半ばです。僕は、チケットを買って観にきていただけるお客さまで毎試合ホームゲームを満員にしたい。この2年間はとにかく認知を上げたいと積極的に子どもたちの招待を行ったりリピーターになってもらえるようなイベント企画をしたりという種まきをしてきました。来シーズン以降は、その種からたくさんの花が咲けばいいなと願っています。

 

上田:例えばバスケットボールのシーホース三河さんやバレーボールのジェイテクトSTINGSさんはチケットが争奪戦だと聞きます。チケットが買えないくらいの人気がハンドボールにも出るといいなと思います。

 

川合:選手も変わってきましたが、私たち運営スタッフのマインドもこの2年で大きく変化しました。以前は伊藤さんの方針に応えるという「待ちの姿勢」だったのですが、自分が考えたことが形になると楽しくて、どんどん自分たちから提案していこうという気持ちに変わってきています。私たち自身もスキルを磨いて成長してきています。

 

伊藤:川合さんたちから、お客さまに喜んでもらうためにこれをやりたいというアイデアがたくさん出てきます。我々がやっているイベントなどはこうやって全て自分たちで考えて試行錯誤しながらやっています。協力会社に企画をしてもらうことはしていません。この手作り感は絶対に大切にしなければならないと思っていて、愛情のあるアリーナにしていきたいという考えを基軸としています。たった4~5人で、しかも女子バレーボール部クインシーズの運営も掛け持ちでやっている小さな所帯ですが、川合さんや上田さんらのもの凄いパワーと頑張り、チームワークがプロジェクトを支えてくれています。

 

「勝てるアリーナを作りたい」と始めたプロジェクトですが、この2年間で「お客さまに楽しんで帰っていただきたい」と方針が変わってきました。

今、チームは1位、2位をずっと走り続けてくれています。チームが日本のハンドボールを引っ張っていく自負をもって一生懸命取り組んでくれているように、我々もホームゲーム運営の面でNO.1になってハンドボール界を牽引していきたいと考えています。

世の中にたくさんの余暇を楽しむものがあります。その中からご家族や友人同士で今日はブレイヴキングスの試合を観に行こうと選んでいただけるような会話が自然と生まれる日常を作りたいと思っています。

ハンドボールは本当に観ていて楽しいスポーツです。もっとたくさんの方にハンドボール、ブレイヴキングスの試合に来ていただけるよう取り組んでいきたいと思います。

 

こちらもあわせてご覧ください

トヨタ車体ブレイヴキングス ホームゲームレポート

 

発行/2024年3月
取材・文/山田智子

2024/03/29

【BACKYARD BRAVEKINGS#4】コートサイドMC 川道良明さんインタビュー

いつもトヨタ車体ブレイヴキングスへご声援いただきありがとうございます。
トヨタ車体ブレイヴキングスのメンバーがとる行動や想いの背景、裏側、バッググラウンドを、ファンの皆さんに深く知っていただけるよう、インタビューやコラムで掘り下げてご紹介していきます。

 

 

トンがった髪型にハーフパンツがトレードマーク。2020-21シーズンからコートサイドMCを務める川道良明さんは、選手がコートで生み出す熱狂を「声」で最高潮まで高める。川道さんがコートサイドMCとしての心構えや目指すアリーナ像などについてたっぷりとお話をうかがった。

 

“異次元”のプレーに感動。初めて見た日からハンドボールの虜に

 

―川道さんが務める「コートサイドMC」とは、どのようなお仕事ですか。

 

川道さん:コートサイドMCには大きく2つの側面があります。1つめは、観戦に際しての注意事項やおすすめのイベントを伝えたり、選手の名前や背番号、ハンドボールのルールを説明したりするアナウンサー的な役割です。試合前やハーフタイムのイベントの進行役を務めることもあります。もう一つは、応援の先導役となって、ファンの方と一緒にアリーナを盛り上げる役割です。

 

―今回のインタビューにあたり、川道さんにも注目しながらホームゲームを拝見しました。選手紹介一つとっても、相手チームとブレイヴキングスでは声の大きさや語尾の伸ばし方を変えるなど細かな技があって、さすがプロだなと感心しました。声で会場を盛り上げるために意識していることはありますか。

 

川道さん:ブレイヴキングスを盛り上げたいという気持ちが強いので、ブレイヴキングスの選手紹介や「ゴーーール!」の声はフルパワーでコールします。一方で相手チームへのリスペクトも欠きたくはありません。そのバランスを大事にしています。
選手紹介は、語尾をパシっと切った方がかっこいいのか、伸ばした方が盛り上がりそうなのか、名前によって変えたり、選手がコートに入ってくるスピードによっても変化させたりしています。毎回来られるお客さまの中には、「今日、語尾を少し変えていたね」と気づいてくださる方もいてうれしいです。
選手入場の曲がかかると、それが僕にとってもスイッチになります。曲に合わせてカチッと自分の中のボルテージが上がります。選手にとっても入場曲とコールが戦闘モードに変わるスイッチになればいいなと思っています。

 

―川道さんはどのような経緯でトヨタ車体ブレイヴキングスのコートサイドMCになられたのでしょうか。

 

川道さん:僕は15年ほどラジオのパーソナリティを続けています。元々はラジオの裏方でしたが、携わっていた番組にキャラクターとして出演する機会があって、とても楽しかったんです。先輩ディレクターにも背中を押してもらい、MCの道に入りました。その時まですっかり忘れていたのですが、小学校の時に放送委員としてお昼休みにしゃべっていたことがあり、昔から人前で話すことが好きだったのかもしれません。
2015年からサッカーのスタジアムDJを務めることになり、2020-21シーズンからはトヨタ車体ブレイヴキングスのコートサイドMCも担当させていただいています。

 

―ハンドボールの経験はありますか。

 

川道さん:僕の通った小中高、専門学校にはいずれもハンドボール部がなかったので、ハンドボールに触れる機会は体力測定のハンドボール投げだけ。全くハンドボールとの縁がありませんでした。
初めて試合を見た時、目の前で起こることの何もかもが異次元で信じられませんでした。ものすごく高いジャンプをしてシュートを打つ。それをキーパーが至近距離で止める。攻守の切り替えもスピーディーで、他のスポーツなら一発でレッドカードが出るくらいコンタクトが激しい。これまでサッカーやバレー、バスケなど色々なスポーツを見てきましたが、ハンドボールの選手は飛び抜けて身体能力が高くて、強い。すっかりハマってしまい、「ハンドボール、すごい!」「想像の10倍はおもしろいから、一度観にきて」と周りに言い続けています。
経験がない分、乾っからのスポンジのようにどんどん吸収できました。選手はもちろん、レフェリーの人を見ても楽しいですし、ルールを覚えるにつれて面白さが増してきました。だから初めて観戦される方がどんなところに分かりにくさを感じるか、どうしたらもっと楽しんでいただけるか、自分の経験から考えることができます。それはコートサイドMCとしての僕の強みかもしれません。

 

―試合中に丁寧なルール解説をしているのは、そうした背景もあってのことなんですね。

 

川道さん:「今なんで笛が鳴ったの?」ということが、徐々にわかるようになればハンドボールをより深く楽しめます。
例えば、試合中に汗が床に落ちた時にはモッパーがコート整備をしますが、汗がコートに落ちていると選手が転びやすくなってしまうという理由を知らなければ、お客さまにとってはただの待ち時間になってしまいます。そういう時間を利用して、少しでもハンドボールへの知識を深めてもらえればと思って、話すようにしています。

 

ラジオの生放送の経験がスポーツの現場で生きる

 

―ラジオとスポーツの現場ではどのような違いがありますか。

 

川道さん:ラジオのパーソナリティはスポーツのMCに向いていると思います。ラジオの生放送は、その日のテーマやおおよその流れは決まっているのですが、視聴者からどんなメールやSNSのメッセージが届くかわかりませんし、途中でニュースが飛び込んでくることもあります。そのようなアクシデントを数多く経験したことが、試合の展開やお客さまの盛り上がり方よって臨機応変な対応を求められるスポーツの現場で生かされています。
一番の違いは、直接お客さまのお顔を見て話すところです。キャーと歓声が上がったり、手を叩いて喜んでくれたりとリアクションを目の前で見ることができます。自分の声がちゃんと届いている実感があって、うれしくなりますね。放送席にいるときもそうですが、特にお客さまの近くに行く際は、一人ひとりと目を合わせて話すようにしています。

 

 

―そのほかに会場の空気を作るために心がけていることはありますか。

 

川道さん:例えば大差でリードしている試合は、お客さまに少し余裕が出てきてしまいます。そういう会場の雰囲気は選手にも伝わりますので、「最後の1分、1秒まで何が起こるかわからないので、応援してください」と会場を引き締めるようにしています。
また、ミスが続いてチームの雰囲気が悪くなっている時には、攻守が変わるタイミングで「切り替えて!」とお客さんに言うふりをして、選手にメッセージを送ることもあります。

 

―ナイターゲームの時に光るメガネをかけられていましたが、ホームゲームの演出にはどれくらいかかわっているのですか。

 

川道さん:演出に関しては、トヨタ車体の人事部の皆さんが考えて進めています。そこに川道良明にしかできない味付けをしていきたいと考えています。
11月の大崎電気戦は18時試合開始で、「ナイトフィーバー」がテーマでした。会場にはミラーボールの装飾がされ、音楽もディスコ調のものが多いと聞いていたので、前日に慌ててパーティーグッズを探しにいきました。別のナイターの日には、ブラックライトに反応するスプレーで髪の毛を染めたこともあります。

 

―これまでに印象に残っている試合を教えてください。

 

川道さん:素晴らしい得点シーン、すごく感動した試合にも数多くありますが、忘れられないのはコロナ禍の無観客試合です。選手を鼓舞しようと「ディフェンス、ディフェンス」とか声を出すのですが、どこからもリアクションが返ってこない。ハンドボールの花形であるスカイプレーや劇的な逆転劇があっても、全く盛り上がらない。お客さまがいたら、ここで会場がワーっと歓声が上がって、応援の声で選手たちを勢いづけられるのにと悔しくて悔しくて。会場にお客さまの声が戻ってきたときは、本当にうれしかったです。

 

選手の背中を押せる、熱いアリーナを作りたい

 

―今シーズンのトヨタ車体ブレイヴキングスは13勝1敗(1月21日現在)で首位と好調です。放送席から見ていてどのような変化を感じますか?

 

川道さん:昨シーズン、最後の最後で勝てなかったという悔しさがあり、優勝に向けた思いがさらに一段階強くなった印象を受けます。昨シーズンのプレーオフファイナルを現地で観ていたのですが、僕でさえすごく悔しかったので、選手はもっと悔しかったに違いありません。今シーズンはヘッドコーチが変わったことに加えて、優勝という明確な目標に向かってチームがまとまっていることで選手一人ひとりのポテンシャルが引き出されているように思います。
選手の、そして応援しているファンの悔しい顔はこれ以上見たくありません。今シーズンは笑顔で終わりたいです。

 

 

―川道さんにとって、理想のアリーナとは?

 

川道さん:男子日本代表がオリンピック出場を勝ち取ったことでハンドボールへの注目度が上がり、お客さまも少しずつ増えています。でもハンドボールのお客さまはどちらかというと、試合にグッと入り込んで観ている方が多く、おとなしい印象を受けます。だからワーっと大声を出したり、悔しがったり、チームへの愛情表現をもっとストレートに出してほしいと思います。
苦しい時に、選手の足をあと一歩前に出させるのは応援してくれるファンの声です。僕もその一端を担っていきたい。お客さまと一緒に最高に盛り上がったアリーナを作り、選手を後押しして、チームの勝利に貢献したいです。

 

発行/2024年2月
取材・文/山田智子

2024/02/03