ACTIVITIESチーム活動

チーム活動

【メディア情報】フジテレビ系列特番「最強スポーツ統一戦」 吉野樹選手出演のお知らせ

標記の件、フジテレビ系列特番「最強スポーツ統一戦」に吉野樹選手が出演します。

なお、放送の地域が限られており、東海地方での放送は残念ながらありません。

◆放送日時

2018年12月30日(日)13:55~15:55

◆出演選手

吉野樹(トヨタ車体ブレイヴキングス)

◆放映

フジテレビ(放送地域 関東、北海道、岩手、秋田、福島)

◆番組名

フジテレビ系列特番「最強スポーツ統一戦」

吉野 樹選手
収録の様子

2018/12/27

2018年チーム活動納め

ブレイヴキングス本体は25日(火)をもって今年の活動納めをしました!
日本代表組はいよいよ決戦への最終段階に入っています。
現在ポーランドに渡り、大会直前に磨きをかけています。

さて、チームは25日(火)にウェイトMax測定と大掃除を行いました。

2018年の活動に対する感謝とともに、2019年の活動への想いを巡らせました。

JHL中断前の広島大会では非常に納得のいくチームパフォーマンスを発揮でき、今後に繋がる試合ができました。

新年スタートは正月明け4日となります。

 

1年間各地で大声援を頂き本当にありがとうございました。
悲願達成に向けフルスロットルで頑張ります。
引き続きご声援宜しくお願いいたします。

よいお年をお迎えください!

 

次戦告知

◆日本選手権

2019年2月1日(金)準々決勝 16:00~ 対戦相手未定

2019年2月2日(土)準決勝(前日に勝利の場合) 13:15~ 対戦相手未定

2019年2月3日(日)決勝(前日に勝利の場合) 13:00~ 対戦相手未定

会場:熊本県山鹿市総合体育館

 

◆日本リーグ第18戦

2月9日(土)15:30スローオフ vs トヨタ紡織九州

会場:福岡市民体育館

◆日本リーグ第19戦

2月11日(月・祝)13:30スローオフ vs 豊田合成

会場:高知県立県民体育館

1年間の活動のあとがびっしりと
感謝の心を込めて2018年の大掃除をしました
すっかりきれいになり無事に新年に向けての準備ができました
1年間各地で大声援を頂き本当にありがとうございました!
悲願達成に向けフルスロットルで頑張ります!

2018/12/25

日本代表【第26回世界選手権(ドイツ・デンマーク大会)】メンバー選出のお知らせ

 

表記の件、

門山哲也、甲斐昭人、笠原謙哉、渡部仁、岡元竜生、杉岡尚樹、吉野樹の7名が日本代表「第26回世界選手権(ドイツ・デンマーク大会)」のメンバーに選出されましたので、お知らせいたします。


 

日本代表は予選ラウンドのGroupBに入り、スペイン・クロアチア・マケドニア・アイスランド・バーレーンと対戦し予選リーグ突破を目指します。

【日本代表戦の日程】

グループB試合会場:ドイツ ミュンヘン オリンピックホール

1月11日15:30~ 対マケドニア
1月13日16:30~ 対クロアチア
1月14日20:30~ 対スペイン
1月16日15:30~ 対アイスランド
1月17日15:30~ 対バーレーン
※時間は現地時間。日本との時差は-8時間となります。

 

◆1.大会レギュレーション

各大陸予選を勝ち抜いたチームら24カ国が参加。

4ブロック✖6チームで予選を消化、各ブロック上位3チームがメインラウンド進出。

4位以下は「プレジデントCup」(下位順位決定戦)にまわります。

日本がメインラウンドに進出するためには予選ラウンドで欧州2カ国とバーレーンあたりに勝利を収めなければならない、と考えるのが妥当となります。

メインラウンドに進むとA組の上位3チームとの対戦になり、予選ラウンドで獲得したポイントを持ち越して合算(予選ラウンド+メインラウンド)でのポイント勝負となります。

隣国韓国はA組に属しており、ここも厳しい試合を強いられることが予想できます。

 

◆2.開催地

通常一カ国で開催されますが、今回はドイツとデンマークの共同開催となりました。

・ドイツ会場:ベルリン&ミュンヘン(予選ラウンド)、ケルン(メインラウンド)

ハンブルグ(ファイナルラウンド)

・デンマーク会場:コペンハーゲン&ヘアニング。

日本はB組のミュンヘン会場からのスタートです。

 

◆3.大会予想

世界の動向は大変スピーディーで、特に欧州勢は実力が拮抗しています。

優勝国の予想は困難を極めますが、いずれにしろ日本は「肉を切らせて骨を断つ」ような

闘い方が必要かもしれません。

是が非でも初戦のマケドニア戦に勝利し、クロアチア・スペインの連戦で傷を負う必要もなく、大会に順応してきた終盤のアイスランド、バーレーンに連勝を狙えるかどうかが予選ラウンド突破のキーとなります。

各国とも対日本戦に関しては、勝利を計算してくることが予想されますが、そこに生じた「隙」に乗じて一気呵成に形勢逆転を。

 

◆4.今後の活動予定

・国内合宿:~12月25日 強化合宿@味の素ナショナルトレーニングセンター

・直前欧州遠征:12月26日~29日 @ポーランド

12月30日~1月7日 @スイス

この欧州直前合宿にて最終エントリーのメンバーを決定

 

 

とにかくブレイヴキングスの7名のメンバーには誇りと勇気を持って大会に

臨んでもらいたい。

 

Alles Gute !!!

 

 

選出された7名(左から 下段:渡部・門山・吉野・杉岡 上段:岡本・笠原・甲斐)

2018/12/19

日本代表【第2回強化合宿(第26回世界選手権選考合宿)】選出

 

表記の件、

門山哲也、甲斐昭人、笠原謙哉、渡部仁、岡元竜生、杉岡尚樹、吉野樹の7名が日本代表「第2回強化合宿(第26回世界選手権選考合宿)」のメンバーに選出されましたので、お知らせいたします。
 
 


12月初旬に行われた日本リーグ広島大会では攻守において、

チームパフォーマンスの質的向上がみられ湧永・大同戦に連勝することができました。

国内スケジュールは来年1月下旬に熊本で開催される日本選手権まで一旦小休止になります。

 

ただし、2020Tokyoオリンピックを目指す代表選手たちには休む暇なく「更なる闘い」が待っています。

第2回強化合宿(第26回世界選手権選考合宿)にブレキンメンバーから7名代表候補選手として選出されております。各選手から世界選手権に向けてのコメントが送られてきています。

 

◆門山哲也

「今回は2011年のスウェーデン大会以来、2回目の世界選手権となります。

日頃のトレーニングの成果が個人、チームとしてはどのくらい発揮できる

のかとても楽しみです。日頃から応援してくださる皆さんが喜ぶ結果を

届けられるよう頑張ります。」

 

◆甲斐昭人

「世界選手権では多くのことを学び今後に活かせるように頑張ってきます。

ハンドボール界の置かれた立場を十分に理解した上で、これからに

繋がる結果を目指します。トヨタ車体の代表という自覚を持ち

精一杯闘ってきます。」

 

◆笠原謙哉

「前大会は候補に選ばれながら落選し、この2年間前回選ばれなかった

悔しさを常に忘れずトレーニングをしてきました。

日本のハンドボールとチームのためにDF、OFすべての局面で

身体を張って闘います。」

 

◆渡部 仁

「自力での世界選手権出場ではなく、ワイルドカードでの参加と

なりましたが今大会にしっかりと爪痕を残したいと思います。

個人的にも前回の大会で感じた世界との差をどれほど縮めることが

できるのかとても楽しみです。」

 

◆岡元竜生

「今回世界選手権に選出され、個人的には日本代表としての初めての

大会であり、自分の力がどこまで通用するのかとても楽しみです。

この大会で一つでも多く勝ち、メダルが獲得できるように頑張ります。

また、自分が成長できたと言えるような大会にしたいと思います。」

 

◆杉岡尚樹

「日本代表として世界を相手に闘えるチャンスを頂けたことを幸せに

思います。まずは、目の前の事前合宿に集中して、

良い状態で試合に臨めるようしっかり準備し、積極的なプレーで

さらにレベルアップしたいです。」

 

◆吉野 樹

「私はこれまで、合宿や遠征などたくさんの経験をさせてもらった中で

「小さな日本人でも闘える」と感じてきました。

それを証明するには ”結果” を出すことです。

自分の持つ力を信じてすべてを出し切ります。」

 

世界を相手の大舞台、思う存分闘われますよう。

祈念 武運長久 !

 

選出された7名

2018/12/13

日本リーグ第16・17戦 「~全員の活躍が光り快勝~」

◆日本リーグ第16戦

12月1日(土)15:00スローオフ vs 湧永製薬

佐伯区スポーツセンター

トヨタ車体ブレイヴキングス 39(20-11 , 19-10)21 湧永製薬

 

立ち上がりから吉野選手のパワーあふれるミドルシュートや杉岡選手の粘り強いサイドシュートでペースを掴むと勢いは増し、後半に入っても門山選手を中心に素早いパス回し

から熊谷選手のミドルシュートや木切倉選手のスピードあるプレーが冴え快勝しました。

 

◆日本リーグ第17戦

11月18日(日)13:00スローオフ vs 大同特殊鋼

佐伯区スポーツセンター

トヨタ車体ブレイヴキングス 31(16-9 , 15-13)22 大同特殊鋼

 

GK甲斐選手のナイスセーブに加え、堅い守りから速攻を仕掛け着実に得点を重ねていくと、前半で7点のリードを奪います。

後半に入り、大同特殊鋼も意地を見せ、一時は2点差まで詰め寄られますが、高智選手の力強いシュートで相手を突き放します。最後のシュートは渡部選手のパスから玉城選手のスカイプレーで締めくくり快勝しました。

 

湧永製薬戦にて、トヨタ車体が第18回大会に1部昇格し、通算10000得点を達成しました!!10000得点目は杉岡選手のペナルティスローでした。沢山の選手によって積み重ねた記録です。引き続き皆様の温かご声援よろしくお願いいたします!

 

●選手コメント●

渡部選手

日頃のご支援ご声援、誠にありがとうございます。

絶対に勝たなければならない2日間でしたが、全員で勝ちに行くことができたと思います。

また、トヨタ車体の強みが再確認でき、もっと強くなれると感じました。

次のリーグ(2月9日紡織戦)まで間は空きますが、またパワーアップして戦います。

応援ありがとうございました。

 

次戦告知

◆日本選手権

2019年1月末から熊本県にて開催

組み合わせ未定

◆日本リーグ第18戦

2月9日(土)15:30スローオフ vs トヨタ紡織九州

福岡市民体育館

◆日本リーグ第19戦

2月11日(月・祝)13:30スローオフ vs 豊田合成

高知県立県民体育館

 

日本代表世界選手権にため日本リーグはしばらく中断期間に入ります。

次戦は1月末から開催される日本選手権となります。

優勝できるようチーム一丸で勝利を目指して戦います!!

来年も変わらぬ応援よろしくお願いします!!

渡部選手

高智選手

 

2018/12/03