ACTIVITIESチーム活動

チーム活動

日本リーグ第15戦 「~堅守速攻で勝利をつかむ~」

 

 

◆日本リーグ第15戦

11月25日(日)13:00スローオフ vs トヨタ自動車東日本

豊田合成アリーナ

トヨタ車体ブレイヴキングス 29(14-17 , 15-10)27 トヨタ自動車東日本

 

前半は、なかなか思うように試合を運ぶことができず、相手の積極的な攻めに苦戦する時間帯が続きます。GK加藤選手のキーピングから、杉岡選手の素早い速攻や吉野選手の力強いシュートで食らいつき、前半を3点ビハインドで折り返します。

後半はGK岡本選手のファインセーブで攻守にリズムをつくると、岡元選手の速攻で逆転に成功します。勢いの止まらないトヨタ車体は8連続得点で相手を一気に突き放すと、地力に勝るトヨタ車体が勝利しました。

 

●選手コメント●

津屋選手

いつも応援ありがとうございます。

前半の反省を生かし、後半は退場者を出しながらもゴールキーパーを含めた守備からの速攻が出て勝利することができました。

今週末は湧永製薬、大同特殊鋼と上位との連戦となります。

全員がいいパフォーマンスで勝ちます。

引き続き応援よろしくお願いします。

 

次戦告知

◆日本リーグ第16戦

12月1日(土)15:00スローオフ vs 湧永製薬

佐伯区スポーツセンター

◆日本リーグ第16戦

12月2日(日)13:00スローオフ vs 大同特殊鋼

佐伯区スポーツセンター

 

次週は年内最後の試合となります。

勝ち点を積み重ねられるようチーム一丸で勝利を目指して戦います!!

 

玉城選手

吉野選手

 

いつも力強い応援でブレイヴキングスを後押ししてくださるトヨタ車体応援団の嶋田さん。今回の東日本戦を最後にしばらくのお別れに。試合後に選手たちが感謝とエールをこめてサプライズの胴上げで嶋田さんを送り出しました! 頑張れ嶋田さん!

2018/11/26

日本リーグ第13・14戦 「~10点差を跳ね返し大逆転勝利!~」

 

 

◆日本リーグ第13戦

11月17日(土)13:00スローオフ vs 湧永製薬

豊田合成アリーナ

トヨタ車体ブレイヴキングス 31(9-18 , 22-12)30 湧永製薬

 

序盤から相手のミドルシュートなどで守備の精彩を欠いてしまいます。攻撃でも相手GKの好守にはばまれるなどで前半を9点ビハインドで折り返しました。

後半に入って最大10点差を追う展開の中、門山選手を中心に素早いボール回しから相手のディフェンスを揺さぶり、津屋選手や渡部選手がミドルシュートなどを決め、退場者が出たチャンスも確実に得点し10分で5点差まで追い上げました。その後も吉野選手の思い切りの良いミドルシュートや杉岡選手のサイドシュートなどで追い上げました。最後は残り時間のほとんど無い時間に決勝点を決め大逆転勝利となりました。

 

◆日本リーグ第14戦

11月18日(日)13:00スローオフ vs トヨタ紡織九州

中村スポーツセンター

トヨタ車体ブレイヴキングス 36(17-10 , 19-12)22 トヨタ紡織九州

 

前日の気迫と勢いのままに、立ち上がりから一気にリードを広げ15分で7点のリードを広げました。後半に入っても岡元選手、石戸選手、玉城選手などの活躍でリードをどんどん広げ快勝しました。

 

●選手コメント●

笠原選手

湧永戦では立上りから自分たちのやって来た事がうまく

出来ませんでした。ハーフタイムで話し合い切り替えて逆転

勝利する事が出来ました。紡織戦でも全員でやるべき事が

出来たので、本番で確実に力が出せるようにこれから

しっかり練習して試合に臨みたいと思います。

今後とも応援よろしくお願いします。

 

次戦告知

◆日本リーグ第15戦

11月25日(日)13:00スローオフ vs トヨタ自動車東日本

豊田合成アリーナ

 

次週は年内最後の愛知での試合となります。

勝ち点を積み重ねられるようチーム一丸で勝利を目指して戦います!!

 

門山選手

渡部選手

 

ペナルティシュートを阻止する加藤選手

2018/11/19

日本リーグ第11・12戦 「~一歩及ばず1勝1敗~」

 

◆日本リーグ第11戦

11月10日(土)15:30スローオフ vs 大崎電気

浦添市民体育館

トヨタ車体ブレイヴキングス 23(12-11 , 11-14)25 大崎電気

首位浮上のために大切な大崎電気戦。前半の序盤は両チーム共にディフェンスが機能し、なかなか攻撃のリズムをつかめないまま試合が進みます。徐々に門山選手や渡部選手の破壊力のあるミドルシュート、内海選手の速攻などでチームに勢いが増し、1点リードで前半を折り返します。

後半に入っても一進一退の攻防は続き、守ってはGK甲斐選手がナイスセーブを連発しリズムを作ります。試合は最後までどちらが勝ってもおかしくない展開でしたが、重要な時間帯でのテクニカルミスから失点を許し、あと一歩及ばず惜敗となりました。

 

◆日本リーグ第12戦

11月11日(日)15:30スローオフ vs 琉球コラソン

浦添市民体育館

トヨタ車体ブレイヴキングス 33(16-11 , 17-11)22 琉球コラソン

 

立ち上がりから固いDFで試合をコントロールするし、相手につけ入る隙を与えない展開。また、得意のフィジカルを生かし、岡元選手、菅野選手の力強いポストプレーで得点を重ねます。

後半に入るとさらに勢いが増し、石戸選手のミドルシュートや沖縄出身の玉城選手の気持ちの込もったプレーで会場を盛り上げ、最終的には11点差をつけて勝利しました。

 

●選手コメント●

玉城慶也

沖縄大会では1勝1敗と結果となり1日目の大崎電気の

敗戦はとてもチームに痛い敗戦結果となりました。

しっかりと反省・修正を行い今週からの試合も全員で

勝ちに行きますので応援よろしくお願いします。

 

 

次戦告知

◆日本リーグ第13戦

11月17日(土)13:00スローオフ vs 湧永製薬

豊田合成アリーナ

◆日本リーグ第14戦

11月18日(日)13:00スローオフ vs トヨタ紡織九州

中村スポーツセンター

石戸選手

津屋選手

2018/11/12

日本リーグ第9・10戦 「~地元選手奮闘するも1勝1敗~」

 

◆日本リーグ第9戦

11月3日(土)13:00スローオフ vs 豊田合成

富士見市立市民総合体育館

トヨタ車体ブレイヴキングス 21(10-13 , 11-16)29 豊田合成

 

首位争いとなるこの試合は、立ち上がりから一進一退の攻防を繰り広げます。勢いをつけたいトヨタ車体は、内海選手の正確なサイドシュート等で得点しますが、3点ビハインドでむかえます。後半、ミスが重なり徐々に差をつけられてしまいます。それでもあきらめないトヨタ車体は、地元埼玉出身のGK加藤選手がナイスセーブを連発し、流れを引き戻そうとしますが、最後まで修正することができず勝利を逃してしまいました。

 

◆日本リーグ第10戦

11月4日(日)13:00スローオフ vs トヨタ自動車東日本

富士見市立市民総合体育館

トヨタ車体ブレイヴキングス 30(13-13 , 17-10)23 トヨタ自動車東日本

 

試合序盤から、両チームのゴールキーパーが奮闘し、なかなか得点が入りませんでしたが、木切倉選手の早いパス回しから攻撃の流れを作ると、地元出身の吉野選手のミドルシュートや渡部選手のサイドシュートで勢いをつけます。後半に入るとギアを上げたトヨタ車体が、ミスを誘うようなディフェンスから速攻に繋げ、一気に畳みかけます。退場者を出し、苦しい場面もありましたが、最後まで全力で戦い7点差をつけて勝利しました。

 

●選手コメント●

吉野樹

地元パワー全開で挑みましたが、首位攻防戦で負けてしまいました。

しかし、東日本戦では車体の良いところを出せ、

次につながる試合ができました。

この勢いで、今週の試合も勝ちに行きますので、

応援よろしくお願いいたします!

 

次戦告知

◆日本リーグ第11戦

11月10日(土)15:30スローオフ vs 大崎電気

浦添市民体育館

◆日本リーグ第12戦

11月11日(日)15:30スローオフ vs 琉球コラソン

浦添市民体育館

 

次週は大崎電気との今シーズン第三戦があります。

勝ち点を積み重ねられるようチーム一丸で勝利を目指して戦います!!

内海選手

岡元選手

 

DF陣の奮闘

2018/11/05