ACTIVITIESチーム活動

チーム活動

JCV「世界の子どもにワクチンを」日本委員会への協力

   日本ハンドボールリーグ委員会では、JCV「世界の子どもにワクチンを」日本委員会が行っている 「僕のルール、私の理由」を推奨しています。
この活動は個人、団体でルールを決めて、そのルールに従ってワクチンを寄付する活動です。
トヨタ車体ハンドボール部もルールを決めて、この活動に参加をしました。

その結果、トヨタ車体ハンドボール部のワクチン寄付本数は5749本になりました。

   
  第36回日本ハンドボールリーグで決めた個人のルール
 
名前
参加内容
木下 国大 チーム勝利数(プレーオフ含む)×10本、7Mスロー阻止数×10本
笠原 謙哉 チーム勝利数(プレーオフ含む)×20本
石戸 貴章 個人総得点×10本、チーム勝利数(プレーオフ含む)×10本
佐々木 剛 個人総得点×1本
高智 海吏 個人総得点×10本
藤本 純季 個人総得点×5本、チーム勝利数(プレーオフ含む)×10本
藤田 聖史 チーム勝利数(プレーオフ含む)×5本、個人賞取得数×10本
高木 翔 シュート数×3本、出場試合数×10本
木切倉 真一 個人総得点×5本、チーム勝利数(プレーオフ含む)×10本
富田 恭介 チーム勝利数(プレーオフ含む)×30本
光増 由矢 個人総得点×5本、チーム勝利数(プレーオフ含む)×5本
鶴谷 大輔 個人総得点×1本、チーム勝利数(プレーオフ含む)×5本、個人賞取得数×10本
坪根 敏宏 チーム勝利数(プレーオフ含む)×20本、個人賞取得数×30本
香川 将之 個人総得点×1本、チーム試合数(プレーオフ含む)×10本
崎前 博章 個人フィールド得点数×1本
銘苅 淳 シュート数×1本、講習会1回×20本
甲斐 昭人 チーム勝利数(プレーオフ含む)×10本、7Mスロー阻止数×20本
門山 哲也 個人総得点×10本、チーム勝利数(プレーオフ含む)×10本
酒巻 清治 シーズンマッチ数(14試合)×50本 プレーオフ試合数×150本
野村 広明 チーム勝利数(プレーオフ含む)×30本
渡辺 修崇 チーム勝利数(プレーオフ含む)×50本

2012/05/17

第4回 TAB CUP

   5月5日(土)、6日(日)にウイングアリーナ刈谷にて第4回TAB Cupが実施され、三河地区の中学校に山口・岐阜のクラブチームを合わせた約300名の中学生が参加しました。
大会の企画・運営は鶴谷副キャプテンを中心にトヨタ車体の選手が実施し、大いに盛り上げました。
 2日目には、参加してくれた各チームからメンバーを選んで8つの選抜チームをつくり、トヨタ車体の選手と試合を行いました。中学生は選手から親切なアドバイスをもらい、笑顔のあふれる大会となりました。
 
閉会式 ブレイヴキングス賞受賞者
閉会式 ブレイヴキングス賞受賞者
   
  最終結果(順位)
 
男子  
1位 前林
2位 知立
3位 南陵
4位
5位 形原
6位 南部
7位 安城北
8位 知立南
9位 ヴァルト岐阜
10位 美里
11位 篠目
12位 安城西
13位 高岡
14位 GUSTAV
女子  
1位 GUSTAV
2位 二川
3位 岐阜7beat
4位 高岡
5位 前林
6位 安城西
7位 安城北
8位 篠目
9位 知立南
   
ブレイヴキングス賞
 
男子  
GUSTAV 岸田 昴起
高岡 新實 紀裕
安城西 藤倉 健
篠目 佐々木 嘉喜
美里 築山 瑞希
知立南 小出 圭亮
安城北 中村 理貴
ヴァルト岐阜 石原 裕緒
南部 山下 真吾
形原 阿久津 健吾
冨田 和馬
前林 今塚 大輔
知立 齋藤 渉
南陵 稲垣 和樹
女子  
知立南 山田 沙梨奈
前林 後藤 綾乃
安城西 佐原 由里恵
二川 河合 由夏
高岡 高尾 夢花
篠目 橋本 佳穂
安城北 高橋 沙里
岐阜7BEAT 早矢仕 実優
GUSTAV 作本 英梨

(トヨタ車体の選手がハンドボールの技術や大会での行動を見て授与しました)

   
  第4回 TAB Cup 試合結果第4回 TAB Cup 試合結果
 
男子の部 女子の部
優勝 前林中学校
優勝 前林中学校
優勝 GUSTAV山口
優勝 GUSTAV山口
2位 知立中学校
2位 知立中学校
2位 二川中学校
2位 二川中学校
3位 南稜中学校
3位 南稜中学校
3位 岐阜7BEAT
3位 岐阜7BEAT

   

2012/05/05