TOPICSトピックス

チーム活動

日本リーグプレーオフ 歓喜の初優勝

レギュラーシーズン3位となった為ステップラダー方式で3連戦と非常に厳しい戦いでしたが、トヨタ車体の大応援団の前でBRAVEKINGSが見事に日本リーグ初優勝を勝ち取りました。

2006-07年(31回大会)でトヨタ車体が初めてプレーオフ出場してから12回目のチャレンジでしたが、香川監督が見事優勝に導びきました。

◆3/15(金)vs 大同特殊鋼

トヨタ車体ブレイヴキングス 28(13-13 , 15-12)25 大同特殊鋼

藤本選手のサイドシュートや吉野選手のミドルシュートなどで互角の展開を繰り広げ前半を同点で折り返しました。後半に入ってもなかなか流れをつかむ事が出来ませんでしたが、終盤に入って門山選手スピード感あふれる速攻などで一気に突き放し勝利しました。

◆3/16(土)vs 豊田合成

トヨタ車体ブレイヴキングス 26(12-15 , 14-10)25 豊田合成

終始リードされる苦しい展開でなかなか相手のディフェンスを崩せませんでしたが、渡部選手のミドルシュートや高智選手のカットインなどで得点を重ね前半を3点ビハインドで折り返しました。後半途中にGKを加藤選手に替えてディフェンスのリズムを変え、後半20分過ぎに逆転して一気に流れを引き寄せ、最後は岡元選手のダメ押しゴールで逆転勝利となりました。

◆3/17(日)vs 大崎電気

トヨタ車体ブレイヴキングス 27(17-11 , 10-12)23 大崎電気

GK甲斐選手を中心としたディフェンスが機能し、攻撃でも津屋選手や吉野選手のミドルシュートなどで得点を重ね前半を6点リードで折り返しました。後半に入って連戦の疲れも見えてきたのか、大崎電気の速攻に繋げられるなどして2点差まで詰め寄られますが、ディフェンスを立て直し最後は4点差で勝利しました。

◆最終順位

優勝 トヨタ車体
2位 大崎電気
3位 豊田合成
4位 大同特殊鋼

・最高殊勲選手賞

吉野 樹     初受賞

・最優秀監督賞

香川 将之  初受賞

・ベスト7
杉岡 尚樹  初受賞

甲斐 昭人   4回目

吉野 樹   初受賞

・シュート阻止率賞

甲斐 昭人   6回目

 

歓喜に沸くトヨタ車体ブレイブキングス

2019/03/18

エキシビジョンマッチおよび平成30年7月豪雨災害募金について

トヨタ車体ブレイヴキングスは、

7月21日(土)の北陸電力・7月28日(土)のHONDAとの強化試合を一般公開しファンの皆様にブレイヴキングスの試合を観戦していただきました。今回は急な告知にも関わらず多くのファンの皆様にご観戦いただきありがとうございました。

試合前には2019年に熊本県で開催される 「2019女子世界選手権」のPRも行いました!1997年以来、約20年ぶりに日本で開催される世界選手権となります。

また、当日は「平成30年7月豪雨災害」により被災された方々への援助と被災地の復旧、復興の一助としていただくため、北陸電力・HONDAの選手の方々とともに募金活動を実施いたしました。

全額被災者のための救援活動及び復興支援活動等の資金として寄付させていただきます。

一日も早い被災地の復興を願うとともに、ご協力いただきました皆様方に心より感謝申し上げます。

今後もトヨタ車体ブレイヴキングスの活動にご協力お願いいたします。

2018/08/23

2017/10/18

第9回いなべスポーツ教室を掲載しました

2017/07/27

TAB CUPの試合結果を掲載しました。

2017/06/12

新監督就任のお知らせ

この度、香川将之氏が監督に就任いたしましたことをお知らせ致します。香川氏は、2003年の入社から14年間トヨタ車体の中心選手として活躍し、コーチを経て監督就任となりました。

香川将之監督の球歴 : 野田中学校→金沢市立工業高校→中部大学→トヨタ車体

<2017シーズンの新体制につきましては、「チーム紹介」に掲載しております。>

2017/04/14

ホームページをリニューアルしました。

ホームページをリニューアルしました。

今後ともトヨタ車体BRAVE KINGSをよろしくお願いします。

2017/04/14